滞納、延滞した履歴がないかを調べられる

過去の返済履歴や仮審査の申込履歴をチェックされることも

いざカードローンを作ろうと思ったとき、カードローン 仮審査 履歴を調べられることもしっかり頭に入れておきましょう。この履歴とは、例えば以前に別のローンなどで滞納もしくは延滞した履歴などです。この履歴にトラブルがあるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。たとえ仮審査の時点で問題視されなくても、後々の本審査でしっかり確認されることがほとんどですから、自分のローン返済履歴はしっかり把握しておきましょう。

 

また、他社から借り入れした時の金額や、何社から借り入れたのかと言う履歴もカードローンを作る上で重要視されます。返済残高の金額提示を求められることもありますので、偽りなく伝えましょう。この時、借り入れている合計額が、年収に見合わない金額だったりすると、カードローンも作くくなったり、借入限度額が大幅に引き下げられる場合があります。

 

手軽になった仮審査ですが、申込は慎重に

最近ではインターネットで気軽に簡易審査が出来るので、ついつい手当たり次第に複数のカードローンの仮審査を申し込んでしまいがちですが、これはおすすめできません。カードローンの仮審査を短期間に複数した、と言う履歴だけでもマイナスポイントになってしまうことがあります。

 

仮審査に申し込んだ時点で、個人情報を金融会社に提供したことになるので、むやみやたらに仮審査に申し込むのは避けたいところです。いずれにせよ履歴をそれほど重要視するかはローン会社によってまちまちですので、一概に『この程度の履歴なら大丈夫』と言うものはありません。

人気のフリーローンおすすめランキング http://xn--nckg3i8ces6bbb8fb.net/

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日